貴重な切手は大切に保管したい場合の方法や注意点

貴重な切手を長期間しっかり保管したいという場合には、いろいろな方法があります。しかし、大前提として湿気には注意する必要がありますし、かといって乾燥するために日に当てるというは紙を痛めることになるため避ける必要があります。また、寝かせて保管するよりも立てて保管する方が長期保存の場合には向いているといわれています。
また、その保管する入れ物についてもいろいろな種類があります。切手保管用のストックブックを活用するというのが一般的でしょう。帯状になった透明のストック部分に差し込むというタイプのものがありますが、これは一枚一枚違った図柄のものを保管するときに便利でしょう。ただ長期間保存すると差し込みの境目のところにあたって筋ができてしまう可能性がありますので、ストックブックは縦にして置いておくことがポイントです。また、切手がまとまったシートになっている場合は、A4などのクリアファイルに入れるといいでしょう。クリアファイルもストックブックもそれ自体の表紙のデザインがいろいろあるので好みのものを選んで楽しむことができます。