切手には種類もあり、値段も違ってくる

切手は種類もあれば、その分だけ値段もだいぶ異なってくるものです。ですので、収集するときは、あらかじめどのような切手があるのか、知っておくと良いかもしれません。では、具体的に切手はどういった種類の物があるのでしょうか。やはり、代表的なのが普通切手です。これは主に郵便料金を納付するという目的で発行されるのが普通です。ちなみに、日本で最初ものは竜切手というものだそうです。また、このタイプは値段もかなり異なってきます。
しかし、これ以外にも種類があり、記念、特殊、そして航空、寄付金切手などが発行されています。記念は毎回、何らかの記念として発酵されているもので、特集は国立公園や花をテーマに毎年発行し続けられています。
このように、種類も違えば値段もだいぶ異なってきますし、収集するとき、そしてどんなものがプレミアムとして価値があるのかどうか、判断するためにも種類やどんな記念で発酵されたのか把握をしておくと良さそうです。