切手等の少額諸経費の支払いと勘定科目について

一般に企業は、切手等少額な諸経費の支払いについては、一定期間に必要額となる金額を決定して用度係に前渡し(定額資金前渡制度といいます。)して管理します。この金額を小口現金といい、「小口現金」という勘定科目で処理します。このときの業務の流れと仕訳を示します。会計係が用度係に5000円の小切手を振り出し、(借方)小口現金5000(貸方) 当座預金5000と仕訳を行います。一定期間経過後、用度係から支払いについての報告があった時点で、たとえば切手であれば「通信費」の勘定科目を使用し、(借方) 通信費100(貸方) 小口現金100と仕訳を行います。そして使用した小口現金の金額と同額を小切手で振り出して小口現金の前渡額を一定にし、(借方)小口現金 100 (貸方) 当座預金100と仕訳を行います。
支払報告を受けたと同時に同額を補給した場合は、上記をまとめて、(借方) 通信費100(貸方) 当座預金 100のように仕訳を行います。
なお、帳簿上の勘定科目である、「小口現金」や「当座預金」は、財務諸表上「現金及び預金」として表示します。